« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

服毒と誓い

Himmel_in_berln

大事なことを教えてくれた。
そしてきっと
守ろうとしてくれた。


あの日飲み込んだ嘘。
数年、もしくは数十年かけて
かならず解毒してみせるよ。

そして仮にもし
そこに危機が訪れるなら
今度は私が。
手を差し伸べられる私でいたい。

その未来のために
飲み込んだってこと。
ここに書いて。
決して忘れないように。


その嘘が決してあのひとを傷つけることのないように。
私の意志が強いものでありますように。

願うこと、誓うこと。
ひとつづつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

everything's gonna be alright !

自分がたんぽぽの綿毛のように思えるんだ。

Fly_to

ほんとうは
飛びたくなんてなかった。
そのまま静かに地に落ちて
そこに太い根を下ろすつもりだった。

「欲しいものは 穏やかな暮らし
 当たり前の太い根をはやし」
 ・・・て、ね。

風が吹いた。

飛ばされて
飛んでいくのかな。

そしてここではない
別の場所に根を下ろすのか。

それとも。
ぐるりと一周して
帰ってくるのかな。

吹くなら
吹かれるなら
どうかそれが
「神風」でありますように。

everything's gonna be alright !!

そう。きっと、すべてうまくいく。

 ・ ・ ・

本音いうとね。
とても怖いんだ。

でも。

どんな風に吹かれて
どこへ飛んでいくとしても。
綿毛は種を持っている。
志の種を持っている。

どこに根をはろうと
そこで花を咲かせればいい。

ただ、それだけのことなんだって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »